家族

憎き活性酸素を除去|コエンザイムQ10はサプリで摂取しよう

効率的な造血が要

女の人

吸収率が異なる二つの鉄分

体のトラブルでは貧血も多い症状ですが、その大きな原因として、鉄分の摂取不足が挙げられます。ですから貧血を予防するためにも、日頃の食事で鉄分をシッカリ補っておきましょう。鉄分にはレバーを筆頭に、魚や肉の動物性食材に含有されるヘム鉄と、乳製品や卵、それに野菜などの植物性の食材に多い非ヘム鉄など、2つのタイプがあります。体への吸収率から見ますと、ヘム鉄に軍配が上がり、非ヘム鉄はそれほど吸収率が高くありません。そのためカロリーが低く、健康に良いからという理由で野菜だけを食べる食生活では、どうしても鉄分不足に陥りやすくなります。しかし、そんな非ヘム鉄でも、ビタミンCとマグロや牛肉などの動物性たんぱく質を同時に摂ることで吸収率を上げられますから、上手く組み合わせることがコツです。ビタミンCには、吸収性の劣る非ヘム鉄をヘム鉄に変換する特性がありますが、熱で壊れやすいため、調理する時は必要最低限の加熱にとどめます。また、レモンを絞ったり、デザートとしてフレッシュのフルーツを食べることも効果的です。ところが造血という点におきましては、鉄分だけを摂れば済むという話でもなく、赤血球の生成に不可欠な葉酸やビタミンB12なども摂取する必要があります。それらのことから貧血予防やその対策では、まんべんなくバランスの良い食事を心掛けることが肝心です。また、もしも普段の食事で栄養素が不足するようなら、サプリメントを用いて貧血対策としても良いでしょう。